コンテンツ
ここではものもらい以外の目の病気、白内障について詳しく説明していきます。

白内障とは、角膜、水晶体を通った光が網膜面で結像したもので、水晶体(レンズ)が濁る病気です。
症状としては、水晶体が濁ることにより、視力が低下します。また霞んで見える・ぼやけて二重、三重に見える・眼鏡を調節しても合わない・明るい所へ出ると眩しくて視界が悪いといった症状がでます。この症状には水晶体の濁りによって、個人差があります。


sponsored link




治療には、白内障が軽度で視力に影響がない場合は、点眼薬や内服薬で進行を遅らせる場合もあります。しかしなかなか薬物療法だけで完治を目指せるわけではなく、あくまで症状の進行を防ぐのが目的の保存療法となります。

白内障が進行した場合には、手術を行う必要があります。白内障の手術法は「超音波乳化吸引術」と呼ばれる方法が取られます。眼球を切開し水晶体の前嚢を切り取って、白内障が現れている白濁部分に超音波を当て粉砕し取り除き、代わりに人工水晶体である眼内レンズを設置し、水晶体の機能を補う手術です。これにより濁って遮断されていた光が通るようになり、明瞭な視界に回復することが出来ます。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。次のページではよくある眼の病気の一つ、飛蚊症について詳しく説明しています。

⇒ 飛蚊症

⇒ トップページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
monomorai21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。