コンテンツ
ここではものもらい以外の目の病気、飛蚊症について詳しく説明していきます。

飛蚊症とは、本来透明なはずの硝子体が濁り、その影が網膜に映ることによって視界に糸くずや黒点・ちり・虫・髪の毛のようなものなどの浮遊物が飛んでいるように見える病気です。
原因としては、老化現象によるものやストレスによるもの、病気によるものです。


sponsored link




飛蚊症の症状の特徴としては、明るい場所で白いものや空を見たときに、目の前を浮遊物が飛んでいるように見え、これらはまばたきをしたり視線を動かしても一緒に移動します。目をこすっても消えることはありません。この浮遊物の色は、灰色・黒・透明であることが多いです。また浮遊物は、視界の周辺部よりも中心部に症状が出ることが多いようです。

飛蚊症は病気ではないので必ずしも治さなければならないという病気でもありません。しかし、やはり眼の事ですからご心配なら定期的に眼科を受診されることをお勧めします。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 結膜炎

⇒ 白内障

⇒ トップページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
monomorai21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。