コンテンツ
ここではものもらい以外の目の病気、結膜炎について詳しく説明していきます。

結膜炎とは、結膜にできる炎症のことをいいます。また大きく分けると、細菌性結膜炎・ウイルス性結膜炎・アレルギー性結膜炎に分けられます。細菌性結膜炎とは、多くの種類の細菌が原因となり起こる結膜炎のことをいいます。症状としては、目の充血・大量の目やに(黄色っぽい色)がでます。治療には、抗生物質の点眼薬が処方されます。


sponsored link




ウイルス性結膜炎とは、ウイルスの感染により引き起こされる結膜炎のことをいいます。症状としては、結膜が充血し、目やにがでる、自然に涙がでる、目の痛みが出てきます。原因のウイルスには、アデノウイルス・ヘルペスウイルス・エンテロウイルスなどがあります。このウイルス性結膜炎は、人から人へ感染するので、家庭内感染や学校内での集団感染などの原因になります。治療には、ヘルペスウイルスに対しては軟膏を塗ります。その他のウイルスに対しては特効薬はありません。感染してから抗体ができ、抗体がウイルスに対抗するまで時間がかかるので、完治するまでに2〜3週間程度かかります。ただし炎症を抑えたり、別の細菌が二次感染するのを防ぐために抗菌剤の目薬を使うことがあります。

アレルギー性結膜炎とは、アレルギー反応によって起こる結膜炎のことをいいます。またアレルギー性鼻炎・気管支喘息・アトピー性皮膚炎なども原因で結膜炎になる方もいます。症状としては、目のかゆみ・ゴロゴロする(異物感)・結膜充血・目やにがでるといったことが特徴的です。治療には、抗アレルギー薬という点眼薬が主に使われます。強いかゆみなどで日常生活や仕事に差し支えがあるときには、抗アレルギー薬を飲み薬として服用することもあります。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。次のページではよくある眼の病気の一つ、白内障について詳しく説明しています。

⇒ 白内障

⇒ トップページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
monomorai21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。