コンテンツ
ここではものもらいの種類のひとつ、霰粒腫について詳しく説明しています。

霰粒腫とは、目を保護する脂を分泌するマイボーム腺の出口がつまることが原因で炎症を起こし、まぶたの中にやや硬いしこりができるのが特徴です。
ものもらいが出来たときに霰粒腫だったということは比較的少なく、大半が麦粒腫です。


sponsored link




霰粒腫はしこりだけの無菌性ですが、まれに細菌感染して炎症を起こして腫れる(化膿性霰粒腫)場合もあります。
霰粒腫は、コリコリしたしこりがある、大きく腫れている、目やまぶたが熱く感じる、痛みを生じるときがあるといった症状があげられます。

治療法としては、麦粒腫と同じで点眼薬と軟膏・内服薬が処方されます。放っておいても自然に治癒することもありますが、何度も再発している場合はまぶたに出来た悪性腫瘍であることも考えられるので、けっして自己判断をせずに眼科を受診するようにしてください。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。次のページでは、ものもらいの原因について詳しく説明しています。

⇒ 原因について

⇒ トップページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
monomorai21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。