コンテンツ
ここではものもらいの症状について説明していきます。

ものもらいの症状としては、まぶたの一部が赤く腫れて、まばたきをすると痛みがあるのが特徴として挙げられます。触ったり押したりすると痛みが強くなる場所(特に芯周辺)があります。ものもらいの多くは軽症で、まぶたが腫れる程度の症状がほとんどです。


sponsored link




また患部が広がると、全体が腫れ、目やにが出たり、涙が出たり、目がかゆい・赤い・ゴロゴロする、まぶたが熱く感じる・重たく感じる、光などがまぶしく感じるといった症状が出ます。

症状には個人差もあり、その病態によっても感じる症状の強さは様々です。上記のような症状が複数合わさることもあれば、まぶたが少し腫れる程度で済む場合もあります。

ものもらいは放っておいても治る病気ではありますが、長引く場合や見た目が酷く、早いうちに治したいという人は、お近くの眼科で受診されることをお勧めいたします。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。次のページでは、ものもらいの治療について詳しく説明しています。

⇒ 治療について

⇒ トップページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
monomorai21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。