コンテンツ
ここではものもらいの治し方と治療について、詳しく説明していきます。

ものもらいが出来た時の治療の方法としては、抗菌点眼薬や抗菌眼軟膏を用いて炎症を抑えるのが基本となります。このような点眼薬を使うことで、通常であれば3〜5日ぐらいで症状は回復します。長くても1週間程度あれば、ほとんどが回復していくでしょう。


sponsored link




ただし、点眼薬だけの治療では治らないこともあります。

麦粒腫の場合、点眼薬・軟膏・内服薬でどうしても治らないときは、小さく切開し膿を出してしまう治療方法も選択肢として挙げられます。

霰粒腫の場合も、点眼薬・軟膏・内服薬で治らず、しこりが大きくなったり、痛みが出てきたときには、切開手術をしてしこりを摘出します。手術自体は約15分程度の簡単なものです。

しかし、こういったことは稀で基本的には、ものもらいの治療においては薬を使うことで完治すると考えておきましょう。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。次のページでは、ものもらいは他人に伝染(うつる)のかどうかについて詳しく説明しています。

⇒ ものもらいは伝染する?

⇒ トップページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
monomorai21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。